子犬トリミングの流れ

ドッグサロンハピネスでは、

子犬にトリミングを好きになってもらえるメニューがあります。

 

生後8か月までにご来店いただいた子犬は、

トレーナーが立ち合い、

トリミングさせて頂いております。

 

子犬にトリミングに慣れてもらう方法

子犬にあまり負担をかけないために、

ドッグサロンハピネスでは、

子犬のことを考え、徐々にトリミングに慣れてもらいます。

 

1回目のトリミング

負担になる、シャンプーやドライヤーを行いません。

初回である1回目は、

ブラッシングとカットを行います。

 

子犬がトリミングを嫌になってしまっては、

意味がないので、時間をかけ、徐々に慣らしていきます。

 

そのため、カットの途中で子犬が疲れてしまったり、

ストレスを感じてしまっていると判断した場合は、

カットの途中でお返しする場合があります。

 

その際には、

どのような理由でカットを中断したのか?

どんなストレスサインが出ていたのか?

など、詳しくお伝えします。

 

 

2回目のトリミング

2回目は、シャンプーとドライヤーを行います。

カットは行いません。

 

多くの犬の場合、

強い風が当たる、ドライヤーが苦手な場合が多いです。

ですが、そのドライヤーも、好きになってもらえるよう、

時間をかけ、徐々に慣らしていきます。

 

カットは行いませんので、

毛が延びている状態でのお返しになることが、予想されます。

 

この時にも、

どのようなときにストレスサインが出ていたのか?

なぜ、時間がかかったのか?などをお伝えします。

 

3回目のトリミング

トリミングの流れにあるように、

爪切りや耳掃除、

シャンプーやドライヤー、

ブラッシングやカットなど、

全ての項目を行います。

 

1回目・2回目のように、

時間をかけ、徐々に慣らしていきます。

 

3回目ということもあり、

多少は慣れていることが予想されます。

ですが、カット自体は最後になります。

 

子犬が疲れていたり、

ストレスサインが出ていた場合には、

カットを中断する場合があります。

 

その際にも、

なぜカットを中断したのか?

どのようなときにストレスサインが出ていたのか?

などをお伝えします。

 

 

4回目以降のトリミング

4回目以降のトリミングでは、

全ての項目を行っていきます。

子犬も慣れてきており、

スムーズにトリミングが出来ると思われます。

 

ですが、慣れるペースは、子犬によってそれぞれです。

時間がかかったり

バリカンの振動が苦手だったり

ドライヤーの風が苦手だったりと、

様々です。

 

ドッグサロンハピネスでは、その犬のペースで慣れてもらいます。

そのため引き続き、定期的に通って頂くのが、

理想的となっております。

 

分からないことや、知りたいことがありましたら

お迎えの際に、お気軽にお尋ねください。

子犬トリミングの条件

1:生後8か月以下の子犬であること

2:半年以内に6回、トリミングに来ていただくこと(料金前納)

3:綺麗にカットされていなくても、納得していただける方

 

更新日:

Copyright© DogSalonHappiness-ドッグサロンハピネス- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.