ドッグトレーニング

ハウスって、楽しい♪

投稿日:

先日、コーギーのマックスが、

ハウスの練習を始めました☆

 

災害時や来客時に使える、ハウス。

楽しく学んで、賢く使っていきましょう!

 

1:ハウスって、何?

ドッグサロンハピネスでは、

プラスチック製の固いクレートに入ることを、

『ハウス』と呼んでいます。

 

クレートとは、持ち運びできるケースのようなもので、

普段使っていると、

・災害時の避難

・来客時に落ち着かせたい

・無駄吠え対策

などにも使えます♪

 

2:ハウスのメリット☆

先ほどもお伝えしましたが、

災害時の避難や来客時などに使えます。

 

また、犬が落ち着きやすい作りになっているので、

落ち着かず、吠えてしまう犬には、

のんびり穏やかに過ごす、自分の部屋のようにも使えます。

 

クレートがあることで、おうちの中では、

確かに場所を取ります。

邪魔に思うこともあるかと思います。

 

でも、災害大国ともいえる日本では、

必須のトレーニングだと思っています。

 

なぜなら、クレートがないと、同行避難が出来ないからです。

 

ここでは詳しく書きませんが、簡単に言うと、

地震や台風などで、近くの体育館などに避難するとき、

犬と一緒に避難できるようになるんです。

 

と言っても、体育館の中に一緒に入れるわけじゃないんですが、

体育館の外に、犬や猫など、ペットが過ごすスペースを設ける際、

「そこにいてもらう」ことが出来るようになります。

 

つまり、

『犬と別々の避難所に、行かなくて済む。』

ということです。

 

心身ともにストレスがたまる、避難所生活。

クレートをうまく使って、

そのストレスを少なくできればと思います☆

 

3:ハウスのトレーニング方法♪

では、ハウスに入るトレーニング方法をお伝えします。

基本的には、入っていることを誉めていくので、

ハウスに入っていたら、どんどんおやつを投げ入れていきます!

 

1:おやつを手に持ち、クレートの奥まで、犬を誘導する。

2:犬がクレートに入ったら、おやつをあげる。

3:犬がクレートに入っている間に、おやつを投げ入れる。

4:犬が、クレートに入り続けていたら、おやつをあげる。

 

ものすごく簡単に説明すると、

こんな流れになります!

 

でも、1から誘導する段階で、

クリッカートレーニングの基礎が出来ていないと、

なかなか上手くできません。

 

それを、今から説明します。

 

1:おやつを手に持ち、クレートの奥まで、犬を誘導する。

実はこの段階が、一番難しいといっても、

過言ではありません。

 

というのも、

初めてクレートを見た犬なら、

スムーズに入らないからです。

 

なぜなら、得体のしれない物体、だからです。

 

マックスは、日頃からクレートがあるお家で、

しかも寝る時などは、自分から入る子なので、

『クレートに入ることへの心理的バリアが低い』

という理由があるので、スムーズに入ってくれました!

 

そのあたりは、パパさんとママさんの、作戦勝ちですね☆

 

そして普段からクリッカートレーニングをしている、

マックスのパパとママだからこそ、

スムーズにクレートに誘導できていますが、

そもそも手を追いかける習慣がない犬も、やはり入りません。

 

もちろん、おやつにつられて入ることはありますが、

「ここに入れば、おやつがもらえるんだ♪」

と、しっかり理解することは出来ません。

 

なぜなら、おやつに気を取られ、

「何をするとおやつがもらえるのか?」

を考えることが出来ないからです。

 

2:犬がクレートに入ったら、おやつをあげる。

クレートの奥まで入ることが出来たら、

おやつをあげ、しっかりと誉めます。

 

ここで重要なのは、

『犬がクレートから出てこないようにする』

ということです。

 

慣れていない犬は、すぐにクレートから出てこようとしますが、

出来るだけ長くクレートに入り続けてほしいので、

出てくる前に、おやつをあげていきます。

 

じゃあ、どうやって犬がクレートから出てこないようにするのか?

 

3:犬がクレートに入っている間に、おやつを投げ入れる。

おやつを投げ入れるんです!

 

しかも、犬が

「おやつどこ行った?!」と探せるように、

クレートの奥のほうに、おやつを投げ入れていきます。

 

こうすることで、

クレートの出口とは、反対方向に頭が向くので、

さらにクレートから出てきにくくなります。

 

4:犬が、クレートに入り続けていたら、おやつをあげる。

そして上の写真のように、

「おやつまだ~?」と、

クレートの中で待てるようになったら、完璧です!

 

あとは、クレートに入っていられる時間を、

伸ばしていくだけです♪

 

そして、

「クレートに入っていたら、おやつがもらえるけど、

クレートの外じゃ、おやつはもらえない。」

という、区別をつけることで、

さらに、クレートに入り続けることが出来るようになります☆

 

これは、ご飯を食べる時にも使えます♪

 

クレートの印象が良くなって、居心地がよくなるので、

リラックスしたり、のんびり過ごすことが出来るようになります。

 

災害大国である日本では、必須のトレーニング。

でも、犬としては、おやつ部屋となる『ハウス』。

ぜひ、楽しく学んで、うまく活用してみてくださいね!

ドッグトレーナー:小川竜太郎

 

・なぜ、ドッグトレーナーになろうと思ったのか?

・ドッグトレーナーとして、何がしたいのか?なぜそうしたいのか?

・ハピネスとして、やりたいこと。なぜそうしたいのか?

 

・ドッグサロンハピネスの原点

・子犬トリミングにご興味のある方は、コチラをご覧ください。

・ドッグサロン ハピネスのトリミング料金表はコチラ

・トレーニングにご興味のある方は、コチラをご覧ください。

 

~・~・~・~・~・~・~・~

DogSalon Happiness

(ドッグサロン ハピネス)

お問い合わせは、コチラのページをご覧ください。

 

住所:川口市東川口1-13-16

電話番号:080-9553-1914(トリミング)

080-2156-2900(トレーニング)

~・~・~・~・~・~

-ドッグトレーニング

Copyright© DogSalonHappiness-ドッグサロンハピネス- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.